ナチュラル系メンズに使ってほしい、こだわりワックス3選

みなさん、○ックスしてますか?

どうも、石川です。さいきんセ○クス(sex)してません。

今回の記事では、僕が独断と偏見で決めた「超おすすめワックス」を紹介します。

僕の髪質はけっこう癖のある「硬毛」でして、ハードワックスを使わないとヘアスタイルが持続しないタイプです。保っても数時間。

そこで紹介する3つのワックスは、そんな髪質にも関わらず、安定した持続力を発揮する優れものばかり。ただし、ギャッツビーやウーノのように安価で容易に手に入るものばかりではありません。

ですので入手方法も合わせて、できるだけ分かりやすく紹介しようと思います。

ザ・プロダクト オーガニックヘアワックス

まず紹介するのは、「ザ・プロダクト オーガニックワックス」。

「オーガニック」というだけあって、ヘアワックスなのに全身に塗って保湿することができる優れもの。インスタグラマーが好きそう。

柑橘系のさわやかな香りで、ワックス独特のべたっとした使用感がありません。そのため洗い流す際に二度シャンプーしなくても大丈夫でした。ドン・キホーテや駅ナカモール(LUMINE・PARCO)のセレクトショップで取り扱っていたので、比較的容易に入手できると思います。

髪の毛1本あたりが10cm前後の男性の場合、使用する際は5円玉ほどの大きさを手に取るだけで大丈夫です(僕がそう)。他のワックスに比べてかなり伸びやすく、少量でも毛先の動きがでますよ。ただし、内容量43gと少なめ。毎日使う人だと2~3週間くらいで使いきってしまいます。

個人的にボブの女の子につけてほしいです。その髪の毛に絡まれてしにたい。

店頭価格は¥2,000前後。Amazonだと¥1,830でした。

rolland O-way-  shabby mud

個人的にもっとも気に入っているワックス「rolland O-way- shabby mud」。パッケージもおしゃれです。どのくらいおしゃれかというと、Nulbarich「It’s Who We are」のジャケットに友情出演するくらい。

こちらもオーガニックワックスなのですが、かなり質感がよく、髪の毛へのダメージがほとんどない。個人的にザ・プロダクトの上位互換だと思っています。

それと、安物ワックスを使うと時間が経つごとに毛先がパサついてしまうのですが、shubby mudは1日中しっとりとした状態でキープしてくれます。まさに神(髪だけに)。いわゆる「クレイワックス(軟毛向け)」らしいのですが、硬毛の僕でも満足してます。香りは、シャビイ“マッド”なだけに、土っぽい?香りです。

内容量は100ml(なぜか「ml」の表記)。毎日使うと約1ヶ月半くらいで使いきります。お値段¥3,400というわりに、長く使えるのでコスパは◎。ショートヘアの方にはおすすめできませんが、癖を抑えるくらいであれば十分使えると思いますよ。

ただし、かなり入手しづらいのが難点。通販だとワックスの代理店?が取り扱っているのですが、現在の流通経路は美容院だけらしく、店頭には置いてないとのこと。僕は「OOO YY(オーオシカシカ)」という美容院で購入しました。

ナチュラルメイクの女性に使ってほしいですね。実はサイコパスだったりして、ぼくさつされるのも悪くないです。

参考:ローランドオーガニックウェイ通販サイトrollandO-way|シャビイ・マッド

 

おまけ

トリートメントが最高です。カラー・パーマのダメージを感じなくなりました。

uevo BOUND WAX DEMI STYLING SERIES

最後に紹介するのは、ウェーボ「バウンドワックス」。ウェーボといえば、LEGOブロックのようなボックスのワックスで、マツキヨやドン・キホーテでよく見かけますよね。僕も高校時代にお世話になってました。

このワックスはボックスウェーボの上位互換?的な立ち位置っぽく、安物独特のゴムみたいなニオイはしません。僕はパーマをあてて2ヶ月が経った時期に使っています。毛先にほんのりと残るパーマに束感をだすにはピッタリですよ。

ただし、キープ力にかけます。先にも説明したように、あくまで束感をだすための非常勤講師的な使い方が妥当かなと。がっつりセットするには力不足な気はします。

店頭価格は¥1,300前後。あまり店頭で見かけることがないので、Amazon(¥1,186)が妥当ですかね。

ザ・プロダクトやシャビイマッドに比べると、「あったらいいな!」的なポジションなので、ご興味のある方は購入してみてください。

このワックスになって、千石撫子の髪の毛にまとわりつきたい。